漢方薬絵ずかん発売中

こんにちは、鍼灸担当の山本浩士です。

2020年の正月。
新しい漢方薬の本を作るので、その監修をしてほしい。
そういう依頼がやって来ました。

後日、出版社の編集さんと、ライターさんと会って打ち合わせをしました。
その中で、ツボなどの話も盛り込みたいので!という話になり、私も監修に加わることになりました。

そこから、出来上がった原稿を夫婦でチェックし、最後の最後まで原稿と睨めっこをしてきました。

ライターさんや編集者さんたちは、さらにそれから文字を起こし、文章を作り・・・と本当に苦労されていました。

そうやってチームワークで作り上げた本が、今日6/25から全国書店やオンラインショップで発売開始!!

やっとここまで来ました😭

出版元の学研さん↓↓
https://hon.gakken.jp/book/2380118300

AmazonではKindle版も発売中!!

ネットで事前予約をされた方は、今日ぐらいには届くと思います。

皆さん本当にありがとうございます😊

日常的によくある症状を13ほどピックアップし、それぞれに合わせた漢方薬を紹介しています。

妻のInstagramでは、この本に対する想いが少し綴られています😊

◇病院に行くほどではない
◇検査をしても異常は無いのに不調は感じる
◇病院の治療と併せて漢方薬も試したい
◇漢方の勉強はしたいけどキッカケがない

そういう方に、ぜひ手に取って頂きたい本です。
難しい専門用語もありますが、極力それを簡易な表現に変え、一般の方に読んでいただくために作られました。

また、漢方クリニックなどでも、患者さまへの紹介として待合室に置いて頂ければ嬉しいです。

仕事帰りに本屋さんへ寄ってみると、実用書コーナーに一冊置いてありました!!
嬉しいもんですねー😆

妻(小林香里)の前著「薬膳ドリンク」も宜しくお願いいたします。


http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309285566/

夫婦共に、今後も漢方の知識と技術を深め、少しでも多くの方の力になっていけるよう精進を続けます。
どうぞ宜しくお願い致します🙇🏻‍♀️🙇🏻

Scroll Up