四診によるカウンセリング

「四診」とは、五感をフルに使って診る漢方独自の見立て方です

望診(神技)

視覚によって情報を得ます。
体格や体型、顔色、などによってトラブルの状態、性質を判断します。
特に「舌診」は漢方独自のもので、舌の色や形から今の状態をとらえます。

聞診(聖技)

聴覚と嗅覚によって情報を得ます。
声の大きさや、話し方、呼吸の様子、体臭や口臭などから判断します。

問診(工技)

対話によって情報を得ます。
主訴の経過や状態をうかがうと共に、身体の本質をとらえ、心の状態や生活習慣からトラブルの原因を導き出します。

切診(巧技)

直接触れることによって情報を得ます。
切診には脈診や腹診、皮膚診などがあります。
脈の強弱や遅速、お腹や皮膚の硬さなどから身体の状態をとらえます。

四診で集めた情報をもとに今の状態に合った
漢方薬と鍼灸施術を提供します。

国際中医師であるオーナーこだわりの各種商品を販売しています。

日本伝統の和鍼術、灸術、中国の気功鍼による施術などを行っています。

漢方薬とはりきゅう治療を併用したコースです。より効果的に健康をサポートします。

お一人お一人とじっくり相談をしたいため、
人数限定・完全予約制で漢方相談をさせて頂いております。
ご希望の方は、お問い合わせください。