人も社会も《気の巡り》が大事

最近、コロナ支援ということで、ネットから全国の気になるものを買っています。

先日は辻利茶舗さんの煎茶、昨日は種子島HOPEさんのジェラート。

https://www.tsujiri.co.jp
https://gelatohope.stores.jp/

 

応援という形ではありますが、全国の珍しいもの、美味しい物との出会いも増え、それはそれで楽しく感じています👌

《経済社会における気血》

人体も経済も社会も「生き物」です。
つまり、「気血の流れ」が重要です。

経済における血は「お金」ですね。
人の意識と、それに伴って動くお金の流れが経済を動かし、社会を動かしています。

漢方では「気血の停滞が病気を生む」と考えますが、社会も同じです。

社会に閉塞感が漂うと、気持ちも塞がり、何か物を買うという行為も減退し、経済が閉塞してきます。

経済・社会における「気滞・瘀血」です。
良い流れではありません。

《知覚の盲点》

人は、五感を使って、体の外の世界の情報を集めています。
集めた情報は、受容体から神経を経由して脳へいき、そこで必要な情報を精査し、認識しています。

そうして、見たい情報だけを見るようになります。
必要がない情報は無視されるということです。

つまり、見ているようで見えていない、という現象が起こります。
スマホ歩きが危ない理由も同じです。

このコロナ騒動でも、多くの人が影響を受け、過度の心配性になり、冷静さを欠いている人も見受けられます。

よくよく自分で考え、じっくり調べるとわかることでも、見えなくなってしまいます。

感覚の盲点、意識の盲点です。
「知覚的な見落とし」「心理的な盲点」とも言えます。

反対に、それが気になると、そのことだけが情報として入って来やすくもなります。

例えば、子供ができると、子供服の店が特に目に入るようになったり、ベビーカーOKのカフェが目につくようになったり・・・と、人はその情報を強く認識するようになります。

コロナ問題も良い例です。

逆に、それだけを見ようとすると、他のことが見えなくなり、さまざまな見落としをする可能性も高まります。

良い悪いではなく、脳の仕組みとしてそうなっている・・・ということでしょうか。
何事もバランスよく!が大事です。

《人は外の世界に影響される》

外の世界の出来事は、人の精神活動にも大きな影響を与えます。
今なら「新型コロナウイルスと、それに絡む様々な出来事」に、殆どの人は影響されています。

僕もそうです。
たとえニュースを見ていなかったにしても、社会生活をしていると今までとは違う何かに気付くものです。

良い影響なら元気になり、病気や痛みもスッと回復していくでしょうし、逆に悪く影響すれば悪化する、ということです。

悪い精神的ストレスは、自律神経の機能を乱し、色んなトラブルを起こす引き金にもなります。

周りが見えなくなり、他のことを考えたり、別のアイデアを閃くことも難しくなり、さらに精神的に窮屈になり苦しくなっていく・・・

これは一つの「気滞」と言えます。
気滞はやがて瘀血、つまり経済の失速を生み出します。

《意識すればそれがやってくる》

「コロナ支援」という活動のことを知ると、あちこちでそういう活動が起きているのに気がつきます。

また、近所で頑張っている店を応援しよう!という気持ちもおこるかも知れません。

今までと違う視点を持てば、今までと違う世界に気がつきます。

人は、特に何も探そうとしない時の方が、何かに気がつきやすいものです。

精神的な気滞があれば、一旦それを手放して、なにかを探そうとしたり、なにかをしようとしない、ということをすると良いかも知れません。

そういう時の方が、新しいアイデアも閃きやすいものです。

外出自粛で仕事も減り、学校も休みで暇・・・
という今は、新しい何かに気がつき、閃くチャンスとも言えますね。

《人と社会》

阪神淡路大震災と東日本大震災のときに、社会というのは生き物で、人と同じなんだと気づきました。

地震や津波での物理的破壊は、例えば「骨折」です。
破壊により命、仕事、お金・・・こういった「気血」が不足します。

物理的な治癒に必要なのは「血」です。
お金は血です。

その巡りが絶たれれば死にます。
だから、気血、経済は「巡ってなんぼ」なんだと、被災地で痛感しました。

人の気持ちが抑制されると、街全体もなんとなく鬱々として、さらにその街の鬱々感に人は感化されていく・・・という現象も見てきました。
様々なトラブルが、あちこちで勃発しました。

国全体の社会、経済もあれば、一つの家庭の中での社会、経済もあります。
とうぜん、個人での社会と経済もあります。

「全体と個」というのは密接に関連していますので、個を見て全体を知り、全体を見て個を知る、という感覚も大事かも知れません。

大きな社会としての「気滞瘀血」を解消させるひとつの手段が「コロナ支援」でも良い・・・と考えています。

あまり買いすぎると、個の気血が「虚(減る)」になり、やがて「滞」となるのでダメですが、許容範囲での使用は大事ではないかなと思います。

《漢方理論を活かす》

昔の医学書に、「陰陽・五行を掌握し、医学の道を深めれば、一国を動かす宰相になれる」というような事が書いてあり、感動した覚えがあります。

漢方医学の基礎理論は、何も医学だけの世界では終わりません。
国を動かすだけの力を持てるというのは、良くも悪くも強力です。

個の気血を巡らせ、家庭の気血を巡らせ、地域の気血を巡らせ、国の気血を巡らせ、世界の気血を巡らせる。

それは、めぐりめぐって自分のためにもなり、コロナ騒動を乗り切り、新しい時代を迎える一歩となる、そんな風に思っています。

漢方で学んだことは、もっと広い世界、社会に応用されて良いと思います。
この懐の広さが、いわゆる「現代医学」との相違点だと思っています。

また何か気になるものを見つけたら(お財布と相談しながら)買いたいと思います😆

Scroll Up