和氣香風コラム:漢方

自由が丘の鍼灸治療・漢方相談「和氣香風」から、漢方に関する日々のヒントなどをお届けしています。

漢⽅医学の⽬的

漢⽅医学は、古代中国の「氣」の思想から発展してきたと⾔えます。 宇宙を構成する物体中で最も⼩さい物、これ以上は⼩さく出来ない物質、それを古代⼈は「氣」と名付けました。 氣は常に動き、集まり、散っていく存在です。 それは宇 […]

漢⽅薬と形状

漢⽅薬にはたくさんの種類がありますが、⼤きく4つの形状に分類されます。 ・湯(煎じ薬) 葛根湯、柴胡桂枝湯など ・丸(丸薬) 六味地⻩丸、⽜⾞腎気丸など ・散(粉薬) 加味逍遙散、当帰芍薬散など ・膏(膏薬) 瓊⽟膏、紫 […]

弁証論治

どの漢⽅薬を出すか? これを決めるために「四診」と呼ばれる伝統の⽅法を⽤います。 四診から得た情報を合わせ(四診合算)、どういう症状であり、どの処⽅が良いかを決めます。 これが弁証論治です。     […]

漢方薬

漢⽅薬の基礎理論や製薬技術は、⼤陸からやって来ましたが、⽇本は島国のため⼿に⼊らない⽣薬も多く、また⾵⼟や体質も⼤陸とは異なるため、少しずつ⽇本⼈にあう形に改良されるようになりました。 そのため、中国や台湾などで⽤いられ […]

漢⽅の歴史

漢方の歴史

「漢⽅」とは、漢⽅薬を含めた中国⼤陸伝来の医学の総称であり、⽇本独⾃の名称です。 中国では漢⽅とは⾔わず「中医」「中医学」と⾔い、⽇本で⾔う漢⽅薬は「中薬」と⾔われます。 漢は古代中国の「漢(B.C.206-220)」の […]

Scroll Up