つい食べ過ぎてしまう人必携の漢方薬【加味平胃散】

みなさんこんにちは!漢方薬担当のかおりです。

今日は、我が家の「常備し過ぎな常備薬」をご紹介。

食べることが大好きな私と夫。
夫の修行に伴い、我が家では、肉・魚介は食べないのですが、
この春「コロナ支援」と称して、日本全国から美味しいものを取り寄せたり
テイクアウトしまくりで、3キロ太りました。

これはマズイということで、「食積」を取るべく、ここ1ヶ月くらい夫婦で毎日飲んでいるのが
「加味平胃散」

【食積をとる漢方薬】

「食積」とは、食べ過ぎを意味します。
そして、この食積をデトックスする漢方薬を「消導薬」と言います。
簡単に言うと消化剤です。その消導薬なる漢方薬のひとつ、
加味平胃散には、消化酵素の役割を担う、山楂子、麦芽、神麴が入っているのです。

 

【山楂子・麦芽・神麴のトリプルプレー】

山楂子は、お肉や油っこいものの消化に優れ、
麦芽は、麺やお米の消化に優れ、
神麴は、穀類の消化に優れます。

この3メンバーが含有される加味平胃散、、優れもの!
肉食の人にも、糖質制限してる人にもオススメです。

私は、1ヶ月経ちようやく1キロ痩せました。(誤差の範囲かも?)
勿論気功も毎朝毎晩やっているので、漢方薬だけの効果ではありませんが。。

そもそも養生のためには、「食べ過ぎない」ことが何よりですが、
最近食べ過ぎてるな〜、太ったな〜と思う方は、
ぜひお試し下さい!

Scroll Up