内臓の疲れからくる背中の痛みの治療

胃や肝臓が疲れたり、炎症が生じると、背中や肩が重怠くなったり、痛みが出ることはよくあります。

内臓体壁反射とも呼ばれる自律神経の反射現象で、鍼灸でよく使われる理論の一つです。


40代男性
1ヶ月ほど背中が痛むようになった。

常に痛いわけでは無いが、疲れがたまってくると、みぞおち付近と、背中が重だるくなり、時にズキズキとした痛みに襲われる。

精神的緊張と、肉体疲労が原因かと思われる。

便秘は無く、食欲も低下気味。
睡眠もやや浅め。

脈はやや浮気味だが、熱の脈ではなく、表面が少し硬めで気血の不足と停滞が感じられる。

お腹は、心下部から胸脇にかけて抑えるとズキッと痛む。
また、ヘソに向けて硬さがあり、やはり押すと腰まで痛みが響く。
肝臓、十二指腸のあたりは、日中でもズキズキ痛むことがある。

背中は、心兪から胃兪あたりにかけて痛みが広がる。
一番キツイのは、隔兪と肝兪あたり。

弁証では「肝脾不和」というところだろうか。

肝臓(右の不容、期門)あたりに極々軽い持続圧を30秒ほど与え、皮膚から20センチほど離れた衛気の調整を開始。

流れの悪さ、気滞を感じるので、それを流すようにします。

始めて10秒ほどで、肝臓の奥のほうに激痛が走りはじめる。
そのまま数秒、痛む部位の奥から「ゴロッ」と腹鳴がし、スーッと痛みが消失。
それと同時に、背中の痛みもほぼ消失。

その後、もう少しお腹と背中の調整をして終了。


肩や背中のコリ・痛みには、内臓の不調が隠れていることもあります。

和氣香風で扱う漢方薬以外の商品なら「陀羅尼助丸(和漢薬)」「麦芽(中医サプリ)」が良いですね。

特に「麦芽」は、ストレス過多で、精神的にも疲れた人や、鬱傾向の人にピッタリです。

重篤な病気や、数値には現れないかも知れませんが、違和感を感じたら、やはり無理をせずに休み、足湯をし、リラックスするよう努める必要を感じます。

足湯、本当にオススメです!!

Scroll Up