茶と漢方と茶器

鍼灸担当の山本浩士です。

みなさん、お茶は好きですか?
私・・・いや、私たち夫婦は大好きです。

家の中には、いろんな茶葉が保管されています。
一般的なものから、かなり珍しいものまで色々あります。

そもそも「お茶」ってなんでしょうね?

日本人にとっても日常的に飲まれる「お茶」ですが、色々と調べていくと、とても深く、広く、果てしない歴史と智恵と経験の世界が広がってきます。

 

《茶と薬》

「茶は養生の仙薬なり」

鎌倉時代の栄西禅師によって書かれた「喫茶養生記」の一節です。

茶は、遣唐使によって中国から持ち込まれたと考えられています。
8世紀〜9世紀頃の話です。

当時は、宮中での儀礼で用いた程度だったそうですが、鎌倉時代より「健康のために飲む」という認識が広まったと言われています。
その発端が「喫茶養生記」です。

お茶は、四川省あるいは雲南省あたりが発祥だと考えられています。
いつ飲まれるようになったか?は不明のようです。

「茶」という文字が使われるのは「唐」の頃で、それ以前は「荼(と)」「茗(めい)」「荈(せん)」などの文字と呼び名があったそうです。

唐の時代、「茶経」を書いた陸羽によって「荼 」の異体字として「茶」という文字が使われるようになったようです。

早く取るを茶と為し、晩く取るを茗と為す。或いは一に荈と曰うのみ
こういう言葉も残されています。

茶経には「茶は南方の嘉木なり」と書かれています。
やはり南方原産のものなのでしょうね。

そうして「茶の用たるや、味は至りて寒にして、飲たること最も精行倹徳の人に宜し」と述べられます。

お茶の効能は、味は体を冷やすもので、まじめに働き、倹約に努めるような人が飲むと良い
ということです。

茶に、ある種の「薬効」を認めた記述ですね。

いつからお茶は薬になったのか?

それは、漢方薬の書物のひとつ「神農本草経」に書かれているとよく言われます。
この書は、紀元前にまとめられた薬草学の本です。

その中にある「苦菜」がお茶のことを述べていると考えられています。

自宅にある「意釈神農本草経」を調べると、確かに書いてあります。
しかし、苦菜は茶葉ではないという説もあります。

味は苦く寒い」と書いてありますね。
陸羽も、神農本草経などを参考にしたのかも知れません。

基本的に「茶葉」は「チャノキ」という植物の葉で作られたものを言いますが、チャノキは「ツバキ科」です。

神農本草経の「苦菜」は、後世に「キク科」と考えられるようになります。
ずいぶん異なります。

何が真実かは今となってはわかりませんが、とにかく古くからお茶は飲まれ、愛されていたのでしょう。

 

《本草綱目に見る茶》

明の国の医師「李時珍」が書いた「本草綱目」には、「茗」がお茶であるという記載があります。

本草綱目は、以前にちょっと書きましたが、様々な生薬が書かれた書物です。

人の死体も漢方薬!?

『苦く甘し、微寒にして毒なし』
と書かれています。

また、
「茶は苦くして寒であり、陰中の陰あって、沈であり降であり、最も能く火を降ろす」
ともあります。

「火、熱がカッカと登った人の場合には、お茶は良い」と書いてあり、逆に「冷えて(寒)、元気がなく(虚)、血が足りないような人はたくさん飲んではいけない」と書いてありますね!

昔は、暑い夏に涼をとるために「熱い緑茶をすすった」そうです。

 

《良い茶器を手に入れました》

最近、新しい急須を買いました🍵
長崎の「波佐見焼」の急須で、色々と新しい試みが練り込まれています。

まず、お椀のようにコロッとしているので茶葉が開くのがよく見えます。
しかも洗いやすい。

次に、急須の内側に加工がしてあり、お茶挽き器として使えます。
スリコギも付いてました!

緑茶をここですりつぶして、そのままお湯を注いで抹茶が楽しめるわけですね。
アイデア商品です。

私一番のお気に入りは「絞り出し」急須でもあること!!

絞り出しはですねー、めちゃいいんですよ。

最近の急須では「茶こし」を使うのが基本なのであまり見かけませんが、「絞り出し」は茶こしが無くても茶葉が外に出ない構造。
注ぎ口の「ミゾ」がポイントです。

茶葉の重みで絞り出すように、最後の一滴まで絞り出せるんが素晴らしいのです。

さっそく使ってみました!

スーッと均一に注げて、湯もピッと切れて心地良し!
いやーこれいい!!

和氣香風監修の「◯ノ茶」にもピッタリの急須やなー。

↓↓◯ノ茶↓↓

『◯ノ茶』先行予約販売スタート

店用にひとつ買い足したいくらい。

良い食器、良い茶器、良い調理器具。
これらを見つけて買い集めるのが、最近のひそやかな趣味かも知れません。

今回はお茶について少し書きましたが、これを書くために何冊も書物を引っ張り出し確認をしました。

しかし、情報が膨大で一回では書ききれません。
なんとも奥深い世界です。

だからこそ魅力的!!

今後も、色々とお茶の世界を勉強していきたいと思います。

「茶と漢方と茶器」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 茶と漢方と茶器 その2 | 自由が丘の鍼灸治療・漢方相談「和氣香風」

コメントは受け付けていません。

Scroll Up