漢方医学とは

漢方医学は「気」の世界観で成り立っています。

気は、宇宙を構成する最小の存在です。
現代にはまだ適切な名前がありません。
似たものに「素粒子」がありますが、「素粒子も気の一部」という認識が良いと思います。

空気は目には見えませんが、存在を疑う人はまずいません。
匂いもまた目には見えませんが、やはり存在しています。
桜が咲いたのを見て、心がパッと明るくなるのもまた一つの気の動きです。

これらと同じように、気も見えませんが存在しています。

– くま先生 –

Scroll Up