幕末の便秘薬

和氣香風では、全国各地の和漢薬の一部を取り扱っています。

富山の反魂丹や奈良の陀羅尼助丸などです。

そんな和漢薬のひとつ伊勢の萬金丹も人気の商品です。

新たに、もう一つ伊勢の有名な和漢薬「おはらい丸」を新たに取扱いはじめました。

これは「便秘薬」で、便秘に悩む私の母も愛用しているお薬です。

伊勢のおはらい丸は、幕末、十四代将軍であった徳川家茂の侍医であり、西洋医学所の頭取でもあった「松本良順」の処方をもとに作られた伝統薬だそうです。

私たち夫婦が大好きな「仁-JIN-」というドラマ(原作は漫画)がありますが、そこでも松本良順が出てきます。
緒方洪庵の後を引き継ぎ、主人公の仁先生をサポートする蘭方医ですね。

伝統薬の面白さの一つに、お薬の背景にある歴史、歴史的事件や人物との関わりがチラホラ見えることが挙げられます。

ぜひ、幕末から伝わる便秘薬をお試しください!
お問合せお待ちしております。

Scroll Up